無農薬米・有機栽培米・コシヒカリの通販 生産者直売店
もりかわ農場 0749-85-2428
HOME ショッピング 生産工程 品質管理 会社概要・アクセス お問い合わせ
もりかわ農場
    生産工程
    もりかわ農場のお米ができるまで
    皆様にお届けする「もりかわ農場のお米」ができるまでの流れをご紹介致します。
     
    3月 よい種を用意する
    【脱芒】
    籾に付いている枝梗や芒を取り除きます。

    【選別】
    籾がらの取れたものや、小さな籾を取り除きます。

    【塩水選】
    塩水に入れて浮いた籾は、実が充実しておらず、
    さらに病原菌や害虫の被害を受けたものが多い為、
    沈んだ種籾だけを選びます。
    よい種を用意する
     
    4月 健康な苗を育てる・よい土を作る
    【温湯消毒】
    農薬を一切使用せず、60℃のお湯に10分間浸して殺菌します。

    【浸種】
    消毒した種籾を約一週間水に浸すと
    十分に水を含んだ籾は発芽の準備にはいります。

    【種まき】
    育苗箱に土を入れ、発芽しかけた籾を播きさらに覆土をかぶせます。5mm程度発芽したら苗代にならべて、約3~4週間かけ田植を待ちます。がっちりした健康な苗を育てるのがポイントです。
    健康な苗を育てる・よい土を作る

    健康な苗を育てる・よい土を作る   健康な苗を育てる・よい土を作る

    【肥料まき】
    雪どけの終わった田んぼに鶏糞やくず大豆、天然のカルシウム等の有機資材をたっぷり撒きます。

    【田起し】
    有機肥料と土をまぜながら耕し、1~2ヶ月寝かせます。

    健康な苗を育てる・よい土を作る   健康な苗を育てる・よい土を作る
     
    5月 田植えの準備と田植え
    【代かき】
    そして、田んぼに水を入れ、土とまぜて平らにします。
    平らな状態にしないと、水が均一に行き渡らなく稲の発育に差が出てしまう為、この工程はお米のできの良し悪しを決める大事なポイントです。
    田植えの準備と田植え
       
    【田植え】
    いよいよ田植えです。
    植付本数、間隔、深さなどを正確、均一にするのがよい米づくりの基本です。
    田植えの準備と田植え

    田植えの準備と田植え   田植えの準備と田植え
     
    6~8月 稲を守り育てる・そして穂が出て実りの時期
    【有機米】
    ・田植え後、ヌカペレット散布
    ・草が生えたら、除草機で草を取ります
    農薬を使わない分、私たちの手で雑草などから守ります。
    JAS規格のお米とは…
     
    稲を守り育てる・そして穂が出て実りの時期   稲を守り育てる・そして穂が出て実りの時期   稲を守り育てる・そして穂が出て実りの時期

    【特別栽培米】
    もりかわ農場では、化学肥料を一切使わずに、栽培期間中に本田除草剤1回と害虫防除を1回行います。「滋賀県環境こだわり農産物」の栽培基準を大幅にクリアしています。
    滋賀県環境こだわり農作物とは…
     
    【水管理】
    田植えの後、新しい根が出るのを助けるため、しばらくは田んぼの水をやや深めにして、寒さや風から苗を守ります。水には、保温の効果もあるのです。
    稲を守り育てる・そして穂が出て実りの時期
       
    【草刈】
    雑草は害虫の住み家です。出来るだけ雑草を処理して害虫を寄せ付けない様にします。
    稲を守り育てる・そして穂が出て実りの時期
       
    【追肥】
    稲の茎の下部に幼穂(穂になるもと)が出来る時期、動物にたとえると妊娠の時期、稲は養分と水をどんどん吸収します。
    田んぼの「顔」を毎日観察して、不足していたら、アミノ酸等の栄養分を含んだ有機肥料を散布します。
    稲を守り育てる・そして穂が出て実りの時期
       
    【稲花】
    この時期に、低気温や乾いた強風が吹いたり、また干ばつにあうと、実らない籾が出て収量や品質が落ちてしまいます。この時の、水の管理も重要です。
    でも、稲の花が咲いて来たら、刈り取りまで1か月です。
    稲を守り育てる・そして穂が出て実りの時期
     
    9~10月 稲の刈り取り
    さぁ~、いよいよ稲が頭を下げ黄金色の成熟期になります!!
    刈り取るタイミングは、品質や収穫、味に大きく関係するのでしっかり目で見極めて刈り取ります。
    稲の刈り取り

    稲の刈り取り   稲の刈り取り

    適期に収穫するために、コンバインとライスセンターはフル稼働!
    スタッフは交替で休みを取ります。
    稲の刈り取り
       
    【乾燥】
    収穫した籾は、20数%の水分を含んでいます。風を通してゆっくり乾燥させ15%の水分に仕上げます。
    水分は多くても、少なくてもだめです。
    稲の刈り取り
       
    【籾摺り】
    年内に出荷する米は、籾がらを取って玄米にして低温倉庫へ。
    また翌年に出荷する米は籾のまま保存し、翌年に籾摺りします。
    稲の刈り取り
    精米・出荷へ
    玄米は低温倉庫で保管。温度・湿度管理も大切な仕事です。 精米・出荷へ
       
    出来るだけ精米したてを召し上がって頂くために、
    手間をかけてでも注文を受けてから精米します。
    精米・出荷へ


    次年度のお米作りのために・・・。

    農機具の整備をしながら、春からのまた美味しいお米を作るための計画を立てます。
    JAS規格認定の有機米 滋賀県認証環境こだわり農産物